積み立て

学資保険と一緒に他の保険の見直し

両親の生命保険と、子どもの学資保険。
一見、全く違う用途の保険の内容に思えますが、実はとても関わりが深い保険同士なのです。
では学資保険はいつ申し込むと良いのでしょうか?

ですから、両者の内容によっては生命保険の掛け金額を減らすことができたり、
学資保険について検討しなおすということにも繋がってくるのです。
両親の生命保険というのは、万が一のことがあったときに、
残された家族が不自由なく生活をするためのものです。

その万が一のことがあった場合に、現在加入中の生命保険ではいくらの金額が出るのか把握していますか?
そして、その金額は何に使ってもらうためのお金なのでしょうか。

夫婦だけの場合、夫が妻に対して残す生命保険の給付金は、
妻が働きだすまでの当面の生活費であったり葬儀代であったりということになります。
子どもが生まれると、その子どもの養育費などもプラスされるので金額を上げる必要があります。
ここがポイントなのですが、子どもが生まれたときにプラスした金額の中に、
教育費は含まれているのかということです。

教育費を見越した金額が、給付金とされているのであれば、学資保険は必要無い、
もしくは生命保険の給付金額を減らすことができるのです。
学資保険の基本は、積み立てている最中に支払者の親に万が一のことがあった場合、
残りの支払いは免除され、決まった給付金がもらえるというものです。
この点が、生命保険と被っているのです。

ですから、もしも生命保険の給付金額が教育費も含まれた金額であるなら、
学資保険は特に必要が無いということになるのです。
もしくは、すでに学資保険に加入しているのであれば、生命保険の給付金額を教育費分、
減額することができるため、支払い保険料を多少安くすることができます。
学資保険を検討するときは、生命保険の内容や金額とも照らし合わせて考慮しましょう。

ただし、学資保険はお金をコツコツ積み立てて貯金していくことが苦手という方にとっては、
半強制的に貯めていくことができるので、そういった意味で加入するのであれば、
生命保険はあまり関係が無いところもあります。
また、満期日以外にも、高校・中学入学などの節目にもお金がもらえるという点や、
医療保険も付帯しているという点など、学資保険の基本の形以外に魅力を感じるという方にもオススメです。

そういった点でオススメな学資保険は「フコク生命」の「みらいのつばさ」がとても人気が高いようです。
この学資保険のポイントは、貯蓄性が重視されている点だけでなく、
幼稚園から大学までの入園・入学のタイミングに合わせて一時給付金がもらえるというところです。
また、ご家庭に合わせて幼稚園から中学校までは一時金を据え置き、
その分高校入学時に据え置き分の一時金と高校入学時の一時金を合わせてもらう…
などというように、自由にプラン設計ができるのです。

また、その据え置き分の一時金は、いつでも自由に受け取ることが可能なので、急に留学が決まったなど、
進路変更や急な出費にも対応できるという点が、人気の高いポイントのひとつです。
兄弟割引もあり、低年齢から加入すればその分毎月の支払いも安くなるため、
教育資金を無理なく計画的に準備していくのにとても適しています。

ネットで簡単に資料請求ができるので、気になる方は一度試算してみると良いでしょう。

Menu