積み立て

返戻率の高い学資保険

学資保険を検討する中で最も重視する点が、
返戻率が高いプランであるということという方も多いのではないでしょうか。
もともと学資保険は、保険という制度を利用して、
毎月コツコツと教育資金を積み立てていくというものなのですが、
ただ積み立てるだけなら銀行の積み立て定期と大差ありませんよね。

しかし、学資保険の魅力は、「支払った額より多い金額が返ってくる」という返戻率の高さにあります。
不景気である現在は、銀行に預けていても利息はほとんど期待できません。
銀行の利率が1%を超えるようであれば、学資保険の返戻率を越えることも考えられますが、
なかなか難しいといえるでしょう。

こうした理由から、返戻率が高い学資保険を利用して教育資金を貯めるという方法は、
とても有効な手段であるといえます。
では、返戻率が高い学資保険は、どんなところがあるのでしょうか。

数ある保険会社の中で、最も返戻率が高い学資保険は「ソニー生命」の学資保険です。
プランや月々の支払い額によっても異なるのですが、最大で110%を超える返戻率が得られます。
契約者配当金を付けることができるので、うまくいけば多くの満期金を受け取ることも可能な保険です。

また、「アフラック」の「夢みるこどもの学資保険」も優秀な学資保険で、こちらも返戻率が110%を超えます。
そして払い込みに関して10歳払済と18歳払済を選択することができるため、
10歳払済にしておくと、お金がかかってくるときに保険料を払わなくても良いので、
家計にとってはとても負担が軽くなります。

その上、10歳払済であると返戻率が120%弱になる場合もあるため、とてもお得になっています。
ある程度まとまった金額が早い段階で準備できそうならば、
銀行の定期に入れるよりこちらで活用した方が、ずっとお得になる可能性があります。

学資保険の中には、元本割れといって、
支払った金額よりも少ない金額しか戻ってこないという保険もあります。
貯蓄することを重視して保険を探している人は、選択する必要が無い保険なのですが、
こうした保険は元本割れする分、保障がとても充実しています。

子どものケガや入院、保険によっては他人への損害賠償などをカバーしてくれるものもあります。
子どものアクシデントに備えておきたいという方は、元本割れをしてもこちらを選ぶ価値があります。
ご自身の学資保険の有り方を考慮して、適切な保険プランを選択しましょう。

Menu