積み立て

学資保険を選ぶポイント

子どもが生まれたばかりの頃や、小さな子どもを連れているところを保険会社の人に見られたとき、
執拗に学資保険を勧められたという経験はありませんか?
「子どもの年齢が低いうちに加入したほうが得だから」と急かされ、
よくわからないままに加入してしまったという方も多いのではないでしょうか。
まだ加入されていない方は学資保険ってどんな保険かご存知でしたか?

確かに学資保険は、子どもの教育資金を貯める上で便利な方法なのですが、
あくまでも教育資金を貯める方法のひとつでしかありません。
学資保険に入った方が、絶対にトクだとも言い切れません。
このことを頭に置いた上で、自分の家庭に果たして学資保険は本当に必要なのかというところから考えましょう。

学資保険のメリットの一つは、毎月自動的に口座から保険料が支払われていくので、
貯蓄する意思が無くても勝手に教育資金が貯まっていくという点にあります。
逆に考えると、毎月自分でしっかりと貯めることができるという自信がある人には必要が無いというわけです。

また、親に万が一のことがあった場合の保障についても、
他の生命保険などで充分な金額の保障がされているのであれば、学資保険の保障は必要ありません。
返戻率が高いという点でも、現在はネット銀行の普及で利率の高いところも出てきましたし、
そこまで学資保険にこだわらなくても大丈夫というところもあります。

これらのことを理解した上で、色々な方法があるけれど、
我が家は学資保険という方法で教育資金を貯めるのだと決意してから学資保険選びへと移りましょう。

学資保険には大きく分けて「貯蓄充実タイプ」と「保険充実タイプ」との2種類があります。
保険充実タイプは、支払った保険料より受け取れる金額は少なくなるのですが、
その分入院や怪我のときの給付金がもらえるなど、保障が充実されています。

貯蓄充実タイプは、支払った保険料より受け取れる金額が多くなるのですが、給付金は何もありません。
どちらも共通しているのは、支払者である親に万が一のことがあった場合は支払いが免除されるということです。

とにかく教育資金を貯めたい、医療系の保障は他の保険でカバーできているから必要無い
、という方は貯蓄型がオススメです。
子どもが幼い頃から病気がちで今後も入院や病気が心配、という方は保険充実タイプがオススメです。
家族の収入や子どもの進路、その他に加入している保険の内容など、
様々な面から考慮して、学資保険の内容を選択しましょう。

ちなみに貯蓄充実タイプで人気の高い学資保険のひとつが「アフラック」です。
アフラックは、子どもが生まれる140日前から申し込むことができ、
更に受取額も120万円から1500万円までで、20万円単位で選ぶことができるという点が大きな特徴です。

子どもの進路や家庭の財政状態に合わせて内容を選択することができるので、
身の丈に合った学資保険を契約することができます。
保険充実タイプといえば「かんぽ生命」が知名度が高いのではないでしょうか。

高校進学時、大学進学時などの節目節目で一時金が出ることに加え、
保障の内容も自分で選択して選ぶことができる点が魅力です。
ひとつの保険だけでなく、色々な保険と比較検討して、
学資保険は掛け金で比較するべきか、自分は何を重視した保険を選びたいのかということを考えながら保険選びができるといいですね。
また既に入られている方も、学資保険の見直しをご検討ください。

Menu