積み立て

貯蓄性重視の学資保険

子どもを育てていく上で、どうしても必要になってくるのがお金です。
子どもひとり育てるのに3000万円必要だと言われていますが、
それは食費や生活費などを含めた金額なので、そこまで驚く必要はありません。

しかしそれでも高校や大学へ行かせようと思うと学費がかかりますし、それ以外にも習い事や塾代、
予備校代、遠くの大学へ行くことになれば下宿費用などもかかってきます。
それらの中でも特に大きな額のお金が必要になるのが、大学進学するときです。
受験料だけでなく、入学費、学費などには国公立であってもある程度まとまった金額が必要ですし、
私立であればもっと多くの金額が必要となります。

一般的には大学進学するときに教育資金として300万円ほどのお金があれば、良いと言われています。
そんなときに、その金額がポンと出せるような家庭は少ないのではないかと思います。
ですから子どもが幼い頃からの貯金がとても大切になってくるわけなのですが、
コツコツと積み立てていくということが苦手な親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな親御さんにオススメなのが、学資保険です。
学資保険とは、こども保険という呼び方をすることもあり、子どもの将来の教育資金のための保険です。
学資保険についてはこちらのサイトにも書いてあります。
この保険料金を支払っていけば、満期時に満期保険金を受け取ることができるのです。
契約期間中に、支払者である親に万が一のことがあった場合、その後の保険料支払いは免除される上に、
満期保険金は定額通り受け取ることができるのです。

基本的にはこういった内容なのですが、
ここに子どもの医療費や死亡給付金が出るなどの保障が充実したものもあります。
学資保険を選ぶポイントはこちらを参考にしてください。
色々ある学資保険のタイプの中でも、
前述のようにコツコツと積み立てていくことが苦手な方にオススメなものが「貯蓄充実タイプ」の学資保険です。

銀行に預けていても低金利な現在は、なかなか利息も増えませんが、
貯蓄充実タイプの学資保険ならば支払った金額に上乗せした状態で満期金が返ってくる上に、
支払者に万が一のことがあった場合の保障もされるので、とにかく教育資金を貯めたいという方に人気なのです。

保険会社によっては、銀行の利息よりも高い金額がつく場合もあるので、色々と比較してみると良いと思います。
ただ気をつけなくてはならないのは、子どもがケガや入院、
万が一のことがあっても給付金は一切出ないので、そういった保障が欲しい場合は、
保障が充実した学資保険を選択するか、他の保険でカバーする必要があります。

現在特に貯蓄充実タイプで人気があるのは「ソニー生命」です。
返戻率が108.9%~126.5%(2013年3月時点)と非常に高いことだけでなく、
満期年齢を自由に選ぶことができるという点が人気の高い理由のひとつとなっています。

17歳、18歳、20歳、22歳の4つから選ぶことができるので、早生まれのお子様でも、
大学進学前に満期金が受け取ることが可能ですし、
大学院や海外留学に向けての資金を貯めることにも適しています。
更に、満期金額も自由に決めることができ、例えば中学入学時、
高校入学時に進学学資金として45万円ずつ受け取り、大学入学時に満期金として残りの金額を受け取る…
などというように、自由に設計することができるのです。

ご自身のお子さんの進学の仕方や、教育資金の必要性などと照らし合わせて、
プロのプランナーさんと、それぞれの家庭に合わせたプラン設計をすることができますから、
気になる方は一度資料請求などをしてみると良いかと思います。

Menu